ゲーム作成の悲喜こもごも… 開発状況や無料アプリ/上位版アプリに関すること、更新情報などをアップしています


今日は何の日 ← チェック!
2017年04月17日 スプラトゥーンの格下狩り問題

スプラトゥーンはガチモードと言われるモードがあり、そのモードは腕前がC-. C, C+, B-, ... , A, A+, S, S+と存在します。

腕前ごとにマッチングは分かれるので、C帯の人でも同じくらいのレベルで遊べるので問題ありませんと言いたいところですが、C帯など低いでも本来SやS+の実力を持っている人が結構な確率で混ざってきます(上手い人が別のアカウントを作って遊んでいる、つまりサブアカウントを作っている)。

当然ながらサブでないC帯の人は虐殺されますし、同じチームになって勝ってもその人のおかげで勝っただけで、面白くないことが多いです。

私もA帯がせいぜいなので、S+のサブが入ってきたときなどは面白くないと感じます(スプラトゥーンのゲーム仕様上、サブ垢かどうかはほぼ分かります)。

サブがここまで多いのはスプラトゥーンの人気の裏返しだとは思うのですが、これにより離れる人たちが発生するのも大きな問題だと思います。

そこで、解決案を2つ考えて見ました。

1. サブアカウントは別料金が必要とする。

Switchからオンラインは有料となりますが、アカウント数に応じて料金が変わるようにするということです。例えばでアカウント数1で月額300円、アカウントが1つ増えるごとに100円高くなるような感じです。

ただしこれはお金が絡むことなので反感も買いそうです。

2. 腕前をレート制にする。

例えばレート5000が平均の腕前で、最も上手いプレーヤーは9999と言うような感じにします。さらに、初期レートもその人の腕前に応じて変更すれば完璧です(その人の腕前には、ガチモード解放までのナワバリバトルの勝率、キルレートを用いる)。

これまではオンライン無料だったのである程度しょうがないところがあったのですが、有料にするからにはこのあたりのことに力を入れて欲しいとは思います。


分類:スプラトゥーン

ブログID.3451
検索したい言葉
検索オフセット(検索数は30)



カレンダー
コンテンツ分類
最新(ブログTOP)

MocoゲームTOP
(C)Mocoゲーム