携帯電話は、ゲーム専用機ではない(むしろゲームがおまけ)ので、どうしても携帯側の問題でアプリ動作異常、場合によってはハング(フリーズ)が発生します。

注意:これまで組み込み家電のプログラム作成経験・携帯アプリゲームを配布した経験から書いており、実際に携帯のプログラムの中まで確認したわけではないです。

動作が遅くなる
DoCoMoのFOMAをお使いの方だとわかると思いますが、アプリを立ち上げているときにメールを受信するときには、ほとんどの機種で動作が極端に遅くなります。

携帯電話はアプリ最中でも裏で常に何かが動いているため、その処理との重なりによっても遅くなります。DoCoMoのF,Dはこの傾向が強いようです。

音を鳴らす処理が機種によっては力のいる仕事のようで、これもアプリ動作との重なり具合で動作が遅くなる場合があるようです。

メモリーの空き具合によって、空き領域を整備しなおす必要がある時に動作が遅くなったりもするようです。 メールや画像などのデータがあまりにも多すぎる場合には、少し減らしてみるのも機種によっては効果があるかも知れません。

SoftBankの機種では、遅くなった場合、一時停止して再開すると直ることがあるようです。

ハングする
ハング(完全に動作が止まってしまう)する場合もあります。アプリのプログラムが悪くてハングする場合もあるのですが、この場合、電源キーにより強制終了が可能なはずです。

しかし、自分も一度公式のアプリでも発生したことがありますが、電源キーの強制終了も不可能な場合があり、電源キーの長押しで電源を落とすしかない場合があります。 Mocoゲームでは、N901iSでとあるキーを押し続けたような状態になり、電源キーの長押しで電源を落とすしかないと言う不具合が報告されています。 場合によっては、電源キーの長押しでも電源を切れず、電池をはずすしかない場合もあります。

電源キーにより強制終了が不可能な場合、アプリ側よりも携帯側の不具合であると言えます。 と言うのも、電源キーによる強制終了を防いだり、ましてや電源OFFまでを防ぐプログラムは、アプリでどんな記述をしても不可能だからです。 もしそのようなことが可能なプログラムを記述可能であるなら、携帯電話を完全ハングさせるある意味ウィルス的なプログラムが作成可能になってしまいます。 auのBREWではこのようなプログラムも作成可能(おそらく)なので、公式サイトでしかも面倒なテストを行った上でしかアプリを公開できないようになっています。

電源が切れる
SoftBankのSHの端末で報告されていますが、これも携帯側の問題であると言えます。理由は同様で、電源が切れるようなウィルス的なプログラムは、どんなに頑張っても作成できないからです。

移動しっぱなし現象
SoftBankの904SHで報告されていますが、ゲーム中に中断して復帰したときに、とある方向に動作し続けることがあるようです。公式のアプリでも発生するようで、携帯側の問題だと思われます。

変な音が鳴る
SoftBankのSHで報告されていますが、ゲーム中に変な音が鳴り続ける現象が報告されています。画像などのデータをメモリーカードに移したところ、直ったとの報告があります。携帯側の問題だとは思われます。

保存が出来ない
SoftBankのV803T/V903Tでよく報告を受けます。こちらに関しては、問い合わせが多いので、専用ページを用意しています。V803T/V903Tを使っている場合の注意のページを参考にしてもらえばと思います。

いろいろコラムTOP
MocoゲームTOP